44歳Nさんより

IMG_6287.jpeg 
Will maryのブログで成婚エピソードを読むたびに、そんなご縁があれば最高だけど、44歳、バツイチ...自分の身には起こらないかも、そんな風に何度思ったことか。お見合い回数20回程度、真剣交際に2回進むも成婚に至らず、もう後がない! そんな私にも運命の人が現れました。

 Tさんと初めてお会いしたのは、3月14日。悪くないし、また会ってもいいかな、という印象。彼は「ケーキはいかがですか?」と言ったら私がすごくうれしそうにしていて、その屈託のない感じがよかったそう。1週間後にデートの約束をしたのですが、「電話も気軽にしてくださいね」と伝えたら、1時間、1時間半、1時間、そして4時間、と連日長電話。こんな方は初めてで、デートの前日に「今夜ドライブでも」とTさんから突然お誘いが。そして翌日、お花見と食事をしていい雰囲気だと思っていたのに「Nさんなら結婚大丈夫ですよ」と言われて、私は対象外?と落ち込みました。ですが、それでも彼と少しでも長くいたい気持ちになり、「私のこと、どう思ってるの?」と別れたあとに勇気を出して電話で聞いてみました。「大切な存在。幸せにしたい」彼からの意外な告白に、「それ、目の前で言って」とお願いをして、3日連続でデートをすることに。その日の夜、3月22日に真剣交際に進み(お見合い後8日で超スピード展開!)11本の薔薇をサプライズでいただきました。後から聞いたところ、彼は結婚の意思を固めていたそう。
 
 3月後半といえば、ちょうど新型コロナの感染者が日に日に増している時期でした。Tさんとの外食デートもはばかられるようになり、もう少し先のつもりが急遽自宅デートへ。初めて私の家に来た彼は、「素敵な暮らしぶりだね...。でも、もう、ここでNさんに一人で食事をしてほしくない。この生活を辞めてほしい」じわじわと胸に沁み、この人と一緒にいたい、と強く感じたひとことでした。

 4月。おうちデートで時間を過ごす日が続きました。夕飯を食べながらその日にあったことを話し、テレビを観て...何気ない日常は、居心地の良さを確認するのに充分でした。4月18日。流星群が来る日に奥多摩でプロポーズ。星空の下、赤い毛糸を薬指に蝶々結びをしあいました。コロナ禍で指輪を探すことができず、思いついたのですが、婚約の証をこんな形で残せたことは忘れられない思い出です。

 5月には両家へご挨拶。5月末には新居も決まり、晴れて成婚退会!そして、出逢ってから3か月、6月14日に私たちは夫婦となりました。コロナ禍の中、リモートワークをし、日常から切り離されていた中、彼と過ごした日々が結びつきを急速に強めてくれた気がしています。婚活を始めるときは、いろんな場所に旅行や外食に行ける方がいたら、と考えていました。ですが、彼と過ごす日常のふとした出来事や瞬間がきらめき、幸せの尺度が変わってきていると実感しています。

 Tさんと出逢ってからは劇的に物事が進みましたが、それまでの8ヶ月間は紆余曲折あり、何かあるたびに宮崎ご夫婦に相談をし、幾度となく励まされ、続けてこれました。温かさがあったから走り続けることができました。あきらめかけていた矢先にこんな素敵な出逢いがあるなんて...。結婚しても恋人のような日々。結婚を機に仕事を辞め、プライベートを優先できる仕事を探すことにしました。もう自分ひとりで頑張らなくていいんだ、という気持ちになれて安心もできました。彼の隣に笑顔でいれることが、今はただただ幸せです。

34歳A子さんより

IMG_2369.JPG
●婚活を始めたきっかけ
もともと結婚願望があまりないほうだったので、いままで「婚活」の経験はありませんでした。30代に入ってからは、仕事もそれなりに順調で、趣味を通じた友人とのつながりもできて、結婚しない人生も楽しそうだなとのんびり過ごしていました。
婚活を始めたきっかけは、率直に言うと、出産のタイムリミットです。もし結婚をするなら出産も考えたい、だったらこのタイミングで活動してみるのも良いじゃないかなと思ってスタートしました。

● 結婚相談所を選んだ理由
他にもやりたいことも、やらなきゃいけないことも山ほどあるのに「婚活」に多くの時間を割くのはもったいない。だから、できるだけ効率的にたくさんの方とお会いしてみたいと考えて、結婚相談所を選びました。

Will Marryを選んだ理由
結婚相談所を決めるにあたって、せっかくの機会なので、5日間で8社の結婚相談所や結婚情報サービスの説明を聞きにいってみました。初回面談だけでも特色がありました。お相手の年収は〇〇〇万円以上を目指しましょうと条件面をプッシュするところ、結婚したいと思わせる女性になるためのモテテクを伝授してくださるところ。それはそれで勉強になったのですが、私のゴールは「条件の良い結婚」なのだろうかと疑問を持ってしまいました。
その点、Will Marryでは「結婚は良いものだ。自分にとっての最高のパートナーを見つけましょう!」という姿勢がぶれることがなく、私のように「結婚をしたいと思える相手がいたら、結婚したい。」という悠長な構えでも大丈夫そうだと直感しました。また、哲也さん、美紀さんの姿を近くで見ていたら、結婚ってどうやら良いものらしいぞという気持ちが自然に湧いてきたので、これが3か月の活動の原動力になりました。

あと、初回面談で哲也さんから「僕たちのことは、親戚のおじちゃん、おばちゃんと思ってくれればいいから。」と言われたのが印象に残っています。相談所を選ぶにあたって、仲人さんに気軽に頼れそうか、という点も重視したポイントでした。活動中につらくなったとき、いつでも相談できる人が近くにいれば安心だと思ったからです。
予想に反して活動中は楽しいことばかりだったのですが、「このワンピースと、こっちだと、どっちが似合うと思いますか?」とか「前のお見合いが盛り上がって、時間がないのでスタバでドーナツだけ食べて次に向かいます(涙)」とか、細かい相談や報告をするようにしていました。どんな些細なことでもすぐに返信をくれて、後から考えるとこうやっていつの間にか支えてもらっていたようです。

最後の決め手になったポイントは、写真撮影のためのスタジオ同行です。ほかの相談所でも、おすすめのスタジオなどは教えていただけるとのことでしたが、私は写真を撮られるのが苦手で、ひとりで撮影を乗り切る自信がありませんでした。
Will Marryでは、事前に年代にあわせた衣装イメージをたくさんみせてくれて、こちらからお送りした衣装候補に対しても具体的なアドバイスをいただけました。自分では30代なので落ち着いたものをと思っていましたが、「あと10cm短いひざ丈ワンピースでいきましょう!」などアドバイスをいただき、結果として大正解でした。
スタジオに、哲也さんと美紀さんが同行してくれて、カメラマンさんやヘアメイクさんともコミュニケーションを取りながら、楽しく撮影ができました。あまりに楽しすぎて、帰りがけには「またやりたい!」と騒いでいたくらいです。(笑)

●Will Marryを選んでよかったところ
まず、プロフィールの完成度に驚きました。写真撮影のヘアメイク中に美紀さんから「子供のころに夢中になっていたことはなんですか?部活は何をしていましたか?」といろいろ質問を受けたのですが、数日後にIBJシステムにプロフィールが登録されると、それが見事に「担当カウンセラーからのPR」に反映されていました。具体的なワードが盛り込まれているので、お見合いでもお相手から「そういえば高校では〇〇部だったんですね」と話題を出していただいて、会話に困ることがありませんでした。
写真についても、自分では選ばないカットを「これが抜群に良いよ!」と哲也さんチョイスで掲載してもらったのですが、これも好評だったと思います。
男性目線、女性目線の両方からアドバイスをもらえたのが良かったです。

また、活動に対するアドバイスがとても具体的だったところも良かったです。「明日までに〇人にお申し込みをしてください。承諾がくる確率は〇%くらいだと思うので、これから1か月以内で〇人くらいとお見合いが組めると思います。」と具体的な数字でアドバイスをいただけたので、活動前にスケジュールをイメージすることができました。
活動開始直後は「土曜にお見合い2件と夜にデート1件、日曜にお見合い3件」みたいな強行スケジュールになってしまったのですが、事前に予定を空けておいたので、なんとか乗り切ることができました。(目の回る忙しさでしたが......!)

あとは、とにかくレスポンスが早いのは助かりました。担当カウンセラーの大橋さんとは、IBJシステム上でお見合いの日時調整やデートの報告を行っていましたが、いつも数時間内に返信をいだたいていました。急ぎの用事はLineでも対応してくれましたし、ちょっと込み入った話があるときは、顔の見えるLineグループ通話でワイワイと相談したこともあります。(美紀さん、大橋さんと3人で友達同士の恋愛相談みたいな感じでした......笑)
お見合いの当日には、「お天気が心配ですが、足元に気をつけて頑張って来てくださいね!」などと毎回応援メッセージをいただいていました。両親や友人には婚活をしていると伝えていなかったので、いつも見守ってくれる人がいるのは、とても心強かったです。

活動中のエピソードなど
いろいろな方とお会いして、たくさんお話をして、とにかく楽しい3か月でした。
婚約者とは、自分たちでもびっくりするくらい順調に結婚が決まりました。交際中のエピソードは、恥ずかしいので内緒です(笑)
実は、活動期間3か月のうち少しだけ迷走しかけていた時期があったのですが、担当の大橋さんから「これからも一緒にいたいと思う相手を選んでくださいね」というアドバイスをいただき、それならこの人しかいないと気づいたのが大きな転機になりました。シンプルな助言でしたが、私にとって人生を変える一言だったので、とても感謝しています。

結婚相談所への入会を検討されている方へメッセージ
私のように「今の生活も充実しているけど、もしかしたら結婚する人生も楽しいかも。」と漠然と考えている人にこそ、結婚相談所での活動が向いているような気がします。いつも仲人さんという伴走者がそばにいるので、きっと楽しく駆け抜けられると思います

32歳Y子さんより

IMG_0259.JPG
もともと結婚願望はあったものの、仕事が忙しく、時間的にも精神的にも余裕のなかったこと、のんびり屋な性格から、「やっぱり自然な出会いで会いたいな〜」という考えからなかなか抜けられずにいました。

仕事も去年の後半は少し落ち着いてきたこと、30を超えてアラサーといつまで言えるのかという局面を迎えたこともあり、一つ前進しようと思って、結婚相談所を初めて真面目に検討しました。

去年のクリスマス前に無料カウンセリングにお邪魔して、ある意味、勢いで申込みをさせていただきました。お話を聞くだけのつもりだったので印鑑も持っていかなかったのですが、お話を聞いているうちに、いま、ここで頑張ろう!という気持ちがこみあげてきて、入会申込みをしました。

仕事始めの日だったのですが、新年早々、お見合い写真の撮影に同行していただけたのは本当にありがたかったです。
メイクさんやカメラマンさんと一緒に褒めていただいたので、ちょっと恥ずかしかったですが、気持ちよく素敵な写真を撮っていただきました。
また、その時のお話をもとに素晴らしい紹介文を書いていただきました。
人生の中で、こんなに褒めてもらったことはないのではないかというくらい褒めていただきました。
詳しい内容の紹介文を書いていただいたので、そこに記載のある事項についてお見合い等で話を振られることが多く、話題にも困りませんでした。

年明け以降はお見合いの連続で、正直、仕事を二つ掛け持ちしているのではないかという疲労度でした!
特に、お見合い3件、仮交際の方とのデート1件の時は、自分の体力に感心しました笑

これまでは、大体、土日は土曜は休んで家事、日曜は仕事をすることが多かったので、土日に休めない・仕事ができないというのがなかなか体力的に辛かったです。

でも、婚活はスピードダッシュが大切だと教えていただいたので、土日もほとんどフルでお見合いや仮交際の方と会っていました。

宮崎さんご夫婦・風間さんがお見合い頑張って!と励ましてくれたり、仮交際の方に私が感じたことについて適宜、的確なアドバイスをしていただいたりしたことが心の支えになりました。

プロである宮崎さんご夫婦・風間さんにお話して,的確なアドバイスをいただき、導いていただけたこと、とてもありがたく思っています。
仮交際の進め方について悩んだ時に、ビデオ面談をすぐに決めていただけたこと、本当に良かったです。

私も仕事で悩みを抱えている方のお話を聞くことが多々ありますので、宮崎さんご夫婦・風間さんのご対応は、私たちの仕事にも生かせるものだなあと思ってとても興味深かったです。

私のメモでは17人の方とお見合いしましたが、皆さん、至極真面目に結婚がしたいと思って、婚活に真摯に取り組んでいる好青年ばかりでした。
婚活を通して、様々な職業の方と出会いました。
普通には自分の生活圏内ではお会いしない方もいらっしゃいましたので、そういう方のお仕事の内容を聞くことは社会勉強にもなりました。お見合いでは、そうやって色んな方のお仕事の話を聞くことができるのがとても面白かったです。

その点では、○○さんは私が普通に生活していたら、多分、自然に出会うことはなかった職種の方です。
仕事に生きがいを持ち、楽しんでいるというのがとても印象的でした。

お見合いの時から自然体でお話しできて楽しかったですし、めんどくさがりの私が○○さんと毎週会うことが全く億劫にならなかったのはすごいと思いました笑

あとは、コロナの影響もあり、真剣交際に入った後なかなか会えない時期が続きましたが、オンラインで何とかお話することができました。が、正直言って、私はオンライン会議に慣れていなかったので、オンラインデートは距離感が分からず、毎度、挙動不審だったと思います笑 途中からは各自夕飯を用意し、食べ始めるところからオンラインデートを開始しようということになって、画面に鮮明に映る訳でもないのに、料理を頑張ってみたりしていました笑
ちなみに、まだ料理をリアルで本人にふるまったことはありません!笑

今はオンラインでお客様との打合せもしてますので、○○さんとのオンラインデート経験が生かされているのかもしれません!笑

緊急事態宣言が明けてから、リアルでもお会いするようになり、この度、プロポーズしていただきまして、ありがたいことです。
○○さんの猫たちとはまだ仲良くまではなれていませんが、嫌われてはいないと思うので、徐々に仲良くなりたいです。

○○さんのご実家に挨拶に行けるのはまだ目途がつきませんが、このような時期ですので、無理せず、状況を見極めながら、適宜、動いていきたいと思います。

私の親には報告したところ、喜んでくれました。

何やらものすごく長文になってしまいました。

こんなに良い場所ならもっと早く相談所に入ればよかったのかしらと思うこともありましたが、過去の自分があって、今、この時期にこうやって活動できたと思います。
だからこそ、○○さんに会えましたし、入ったのがウィルマリーさんで良かった、心からそう思っています。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました!

またお会いできるのを楽しみにしております

お気軽にお申し込みください

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)

オンライン相談